本年、会議体統括議長という役を仰せつかり、更なる成長の機会を与えて頂きました事をメンバー皆様に感謝申し上げます。昨年度は各種LOM事業と第66回北海道地区大会の主管、そして創立65周年各種事業を全力でやり遂げた事で、我々メンバー個々人とLOM内全体が最高の達成感と揺るぎない自信という大きな財産を手に入れたものと確信しております。この貴重な財産を手にした我々は更に結束力を高め未来に向かって歩み続けなければなりません。

 我々が今日も、釧路青年会議所で活動し続けられるのは、数百名にも及ぶ先輩諸氏がいつの時代も、未来に思いを馳せ「まちづくり」を行う過程の中で「ひとづくり」を行いながら、明るい豊かな社会の創造を目指し活動・運動を続けてきて頂いたからに他なりません。最近では青年会議所しか無い時代から、青年会議所もある時代と言われております。確かに青年会議所以外にも、沢山の団体がまちづくりの為に様々な運動を展開されているのは事実ですが、青年会議所には半世紀以上も紡がれた歴史と伝統と創始から不変である明るい豊かな社会の創造の理念があり、これまでも未来の地域を見据えた活動・運動を続けてきたからこそ、今もなお地域から必要とされる唯一無二の団体として存在し続けられるのだと私は信じています。

本年度は、会議体統括議長として二つの会議体を担当させて頂きますが、これまでの経験を最大限発揮しながら両会議体を導いていく事は勿論の事、理事長方針にも示されている通り、変革の年として歴史と伝統を守りつつ、自分自身も様々な事に挑戦していきたいと考えております。

 最後になりますが、自分の人生において大きな影響を与え続けてくれている青年会議所で活動・運動させて頂ける事と志を同じくするメンバーと共に活動・運動できる事への感謝の気持ちを行動で示し、全身全霊で突き進んで参りますので、皆様のご指導・ご協力を切にお願い申し上げます。

会議体統括議長 菅原 宏

会議体統括議長所信

 本年、釧路青年会議所において、室長という大役を仰せつかり、新たな成長の機会を与えて頂きました事、メンバーの皆様に心から感謝申し上げます。創始より先輩諸氏が築き上げられた歴史と伝統、そして多くの皆様のご理解ご協力のもと、今日の私達がある事を常に心に置いて、全力で本年の担いを全うすべく挑戦する所存です。

 釧路青年会議所はいつの時代も、地域や国の様々な問題に向き合い、未来を見据えたまちづくり活動・運動を展開して参りました。しかし、どれほど素晴らしい政策やアイディアであってもそれを現実に進めるのは人であり、その一人ひとりの思いと情熱が、組織を一つに結束させ、多くの皆様のご協力を頂く事で、力強く活動・運動を進められるものと考えております。「まちづくり」と「ひとづくり」は切っても切り離せないものであり、我々の活動・運動もメンバー間の強い絆と友情によって成り立っております。様々な挑戦をし、気づきと学びを得ながら目的に向かって邁進する同志を励まし、全員で目的達成を喜び分かち合う温かい労いの心は、メンバーそれぞれの心に大きな達成感と更なる高みを目指す向上心を与えます。また昨年度、第66回北海道地区大会の主管と創立65周年記念を開催する中で、多くのお力添えを賜った先輩諸氏への感謝と敬意の思いを改めて深く心に刻み、これまで歩まれた歴史と紡がれた伝統をしっかりと受け継ぎ後世に伝えるべく充実した交流は必要です。また、メンバーは日頃自らをお支え頂いているご家族をはじめ周囲の皆様にも感謝をしなければなりません。身近な方にもまちづくりに励む背中をしっかりと見せ、共感を頂くことは、市民意識変革運動の第一歩であります。誇りに思って頂けるような活動・運動に邁進し、しっかりと思いを伝えて行きましょう。

 最後に、本年、メンバーの労いと交流に励み、お互いが温かい友情を持ちながら、刺激し合い、高め合う組織を目指して、誠心誠意取り組んでいく所存でございますのでご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

室長 伊東尚悟

人間開発室所信

 釧路青年会議所は創始より、多くのメンバーで出物に参加をし、メンバー間の友情を育むと共にメンバーシップ高め、それによりメンバー間の絆が深まる事でLOMが一丸となり活動・運動に邁進して参りました。先輩諸氏が築き上げてきたその歴史や伝統を大切にし、活動・運動に邁進し成果を上げていく事が重要です。変革の年と位置づける本年、事務局を担うにあたり、例年にはない取り組みを行い、出物に参加して良かったと思える渉外活動を行う事でLOMのさらなる発展につなげる事が重要です。

 本年度、事務局は、多くのメンバーに対して各種大会・諸会議の参加を促すために、JCI・日本JC・北海道地区協議会・他LOMとの連携を密に計り、皆様の貴重な時間を無駄にすることのないよう円滑なスケジュール管理・正確な取りまとめを行います。メンバーの出物に対するさらなる参加意欲を高めるために、事前に開催地の情報等を収集し、分かりやすくまとめたしおりを作成する事により、参加したメンバーが楽しい時間を過ごせるように努めて参ります。次代に多く出物に参加してもらうために、各委員会・会議体のサポート体制を構築する事で、持続可能な渉外活動に繋げて参ります。

 出物を通して、LOM以外の各地域の活動・運動から得られる学びや気づきを得る事とともに、地域外だからこそ育める友情をより多く深めていく事で、メンバーは成長を遂げ、LOMのさらなる発展につながると確信いたします。事務局といたしましては、多くの皆様が参加したからこそ分かる出物の大切さや楽しさをご理解いただくと共に、時代に即した渉外の在り方を日々考え邁進していきたいと考えていますので、皆様のご理解・ご協力のほど宜しくお願いいたします。

 

【方法・手段】

1.渉外活動の実施

2.各委員会及び会議体との連携

3.拡大運動の実践・推進

4.出向者支援の推進

5.その他

事務局長 西 浩太

事務局次長 綿貫朋仁

事務局幹事 春日隆幸

事務局方針

室方針

総務室所信

室長 佐藤雄一

 釧路青年会議所は組織として、さらに地域の為のJC運動を展開しようと着実にその道を歩み始めます。先輩諸氏が築き上げた歴史と思いを引き継ぐとともに、第66回北海道地区大会釧路大会や創立65周年各種事業を終えて、より地域から必要とされる団体へと成長する必要があります。それにはJAYCEEとしての自覚と責任をメンバー全員が常に抱き、行動しなければなりません。 

 本年度総務室としては、釧路青年会議所メンバーが全力で取り組む事が、できるよう釧路青年会議所の活動を支える強固な土台となります。まずは最高意思決定機関である総会、運動の根幹となる例会・事業、常任会議・理事会など諸会議の設営及び運営を確実に行います。これら各会義において、より多くのメンバーが積極的に参加できる環境を作ることで、メンバー同志が活発な意見交換をする事で自己成長への気づきを得られるよう努めます。一年を通して委員会・会議体が協力し合い、それぞれの活動をサポートできるように連絡を密にとります。事前の資料のとりまとめや事後の議事録の作成などを丁寧に行う事で、委員会や会議体でさらに切磋琢磨する事で、安定的な組織運営を図り、効果的な事業展開に繋げます。またメンバーの皆様からお預かりした会費・預り金について適正に管理し、今年度の収支だけでなく将来を見据えた財務管理を行います。我々の活動を地域のみなさまにご理解いただき、先輩諸氏が築いてこられた各種団体との連携をさらに強化するためにも基本となる運営をしっかりできる事が大切だと考えて参ります。

 最後に、本年、当室は組織の維持、運営にしっかりと全うすべく、縁の下の力持ちとして釧路青年会議所の土台となって、取り組んでいく所存でございますのでご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

© 2018 一般社団法人 釧路青年会議所

  • Facebook - Black Circle
in ナー.jpg
釧路
  • Facebook - White Circle
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now